DVモラハラ行為にお悩みの方真摯に向き合います

DV,モラハラと言えどそれは様々です。おひとりお一人の案件に真摯に向かい合い皆様の人生に係れる事を指名と思っております。”加害者自身の”変わりたい”と思う強い意志、そして専門家によるよる適切なサポート(加害者更生プログラム)をワークすることで、愛するパートナーを傷つけてしまう負の状態から脱却できます。
父親が母親に対して支配的言動を行っている、または母親からの暴言に父親が耐えているといった状況を見て育ったお子様は、成長して自らも同じ行動を取ってしまう危険性が高いです。そのような悲しい連鎖を食い止めるためにも
不信を感じたら速ご連絡下さい

横浜にてDVモラハラ相談受付ます

DVモラハラ行為で配偶者から不当な扱いを受け、苦悩や混乱で身動きの取れないパートナーへのアドバイス。
夫婦間に於けるあらゆる問題を抱えられている方々の相談受付中です。
価値観の違い、ジェンダバイアスと言う考え方の相違、
力で相手をコントロールする特権的意識、これ等が芽生えた関係に健全な夫婦関係を維持することは不可能です
愛し愛されている者同士がその想いを持ちつつも共に生きていけない状態は何よりも悲劇です。そのような状態へ陥っている方々の側に立ち、各種カウンセリングや「DV加害者更生プログラム」のワークを行ってきました、
代表は60代を目前にしてからアドラー心理学を学びはじめ、そこで得た知識を最大限に活用し現在は「DV加害者更生支援」フォロワーシップAのファシリテーターとして活動しております。
パートナー関係におけるDVモラハラ問題は大きなうねり
となって社会を揺るがしております。
現在悩まれている方々を希望に満ちた未来へと導くことが私達の目標です。
お気軽に戸を叩いて下さい

横浜にて「DV加害者更生支援」フォロワーシップAです 

DV加害者更生支援に今すぐ繋がって下さい

DVモラハラ問題で窮地に追い込まれている方々に手を差し伸べる活動を横浜にて展開しております。
これは夫婦喧嘩じゃないぞ!とは思っている、いつまでも引きずる辛くおも~いパートナー関係、他人に話す事で気持ちは前に進みますどうか臆せず、すぐに繋がって下さい

DV問題は二人では解決出来ません専門の私達にお手伝いさせて下さい。
 

「DV加害者更生支援」フォロワーシップA
でお待ちしております。

DVモラハラ問題解決へ全力で寄り添います

パートナーへの虐待を止められない、愛する気持ちに変わりはないのに相手を苦しめてしまう、この家族がバラバラになるなんて考えられない,このようなDVモラハラ行為を抱えている方々へ全身で寄り添ってきました、これまでに積んできたさまざまな経験の中で培った知識と考え方を基塾にDVモラハラ問題に当たらせて頂きます。夫婦は離れてしまえば赤の他人です
でも、夫婦として再構築したいとお望みならば、そのお手伝いをさせて頂きたいのです。

波風たちっぱなしだった結婚生活50年を終えた私として
折角巡り合ったふたりです、簡単に夫婦を終わらせないでほしいナ~という思いです。

「DV加害者更生支援」フォロワーシップAで

お待ちしております
 

 

 

 

DVモラハラにまつわる質問へスタッフが回答中です

これまでにお客様から頂戴した質問の中よりいくつかをピックアップして公開中です。各々の質問にはこれまでに数多くのお客様と向き合い、ドメスティックバイオレンスやモラルハラスメントといった問題を解決へ導いていった実績を持つスタッフが回答しております。夫婦問題についての豊富な知識を用いつつ、専門的な内容もかみ砕いてわかりやすく書いております、なお、掲載されていない内容に関してもお尋ねいただければ個別に対応いたします。
夫婦間の問題は暴力だけではございません。たとえば相手が嫌がっても強行して卑猥な格好で外出させたり、または出自や容姿などをあげつらったりといった性的・精神的なものもございます。あらゆるお悩みをしっかりと伺い、解決へと向かうようサポートいたします。
「DV加害者更生支援」フォロワーシップAです

DVモラハラにまつわる記事を多数公開しております

永遠の愛を誓ったはずのパートナーを精神的に追い詰めてしまう方、または日々暴力や暴言を受けており涙で枕を濡らしている方など、あらゆるお客様を支えるべくブログを更新しております。身体的暴力以外にもどういった行為がドメスティックバイオレンスにあたるかの紹介、または社会の流れによって変化していった男女の関係性についての解説など、あらゆるテーマを設けて記事を執筆しています.
夫婦間での出来事はプライベートな内容であり、中には性的なものも含まれているため、他者へ相談するという考えにも至らない方が少なくありません。
DVモラハラ問題は社会的に認知されてきたとは故、根本的な意味合いを熟知するまでには至っていません。
ブログを通して検知して頂きたいと願っております