男だ!にこだわるDV加害者、「DV更生プログラム」で考え直して見ませんか

2021/01/27 ブログ

「男だろ!」にざわつく背景

 

今年の箱根駅伝で監督が放った

「男だろ」「男だ」と言って選手に劇をとばした

性別表現が引き起こす問題の根にあるもの

50年前の私もペイペイ泣いてばっかりいる息子に向かって

「泣くんじゃない!男でしょ」と怒っていた

記憶が甦ります

男は強く逞しくなってほしい、ただ一念そんな

想いが強かった気がします、

DV問題に精魂つぎ込む立場で考えれば複雑です

男性に対する期待が、社会全体でDV,モラハラ

問題を作って来しまった、とは言い過ぎでは

ないのかも知れません

強い者が弱い者をいたぶる、抑圧する、これら

すべてDV,モラハラ問題の根っこです

今や多様性が叫ばれる時代です,女性が社会で

能力を発揮し男性が家事に勤しむ、子供は二人で

育てる、こんな当たり前の事を難しくしている

社会を変えるのは私達一人ひとりの考え方です

自由で心豊かな未来に自分を託せれば

暴力的DVも鬱積したモラハラもなくなる問題です

これからもこの気持ちでDV、モラハラ問題に

生涯を投じたいと思っています

 

横浜のオフィスで「DV加害者更生プログラム」

随時開催しております