DVモラハラの根深さ、横浜で加害者更生支援プログラム展開

2020/02/28 ブログ

やっぱり!と毎度感じる加害者の第一声 「モラハラだなんて思ってもみなかった」

近年身体的DVは影を潜め、フォロワーシップAに来られる加害者の多くはモラハラだと言われて来られます。

そのモラハラがどれほど妻の心を疲弊させたか,別れを告げられ始めて気付き慌てふためくのです。

今日もいらした20代の夫、結婚して2年別れたくないと涙します。

(妻の言葉に向き合わず、勝手な憶測で相手を否定し自分の考えだけを押し付けていた)と

後悔と懺悔から出てきた彼の言葉です。これは20代の夫に限らず根底に流れている考えは何歳でも同じです。

「俺が稼いだ金で家族が成り立っている」今もなお奥深く住み着く男性社会特有のこの感情、時代は大きく変われど

変われない現実にDVモラハラの根深さを思い知ります。これで終わる訳にはいきません。

あなたに住み着いた誤った価値観を少し考え治すだけで、また新たな希望が見いだせます。

フォロワーシップAがお待ちしております。気負わずに戸を叩いて下さい。