横浜にてDV,モラハラ加害者カウンセリング

オンライン対応致します

加害者更生プログラムを実施しております

パートナー間で日常に困難を来している方に
サポートをしております

「俺が正しい、言う通りにすればいい」


「俺を怒らせる、お前が悪い」


「俺の気分を害するな」


親密な相手に対し、”自分の思い通りに動かしたい”と不健全な価値観と思考を持ち
主従関係を作り上げ「支配」するDV,モラハラ加害者


支配の手段として威圧する、怒鳴る、脅す、責める、無視する、性的、経済的暴力

近年身体的暴力(DV)は警察沙汰になると知ってか
精神的攻撃(モラハラ)と言う方が多くなりました

手段は様々ですがベストな方法を使い支配し続ける為に
繰り返し行う虐待行為をDV,モラハラと言います

 

DVモラハラを改善する学びとして

「D加害者更生プログラム」を実施しております

 

加害者プログラムの特徴

 

●プログラムの目標はDV、モラハラ被害者を守る事

●毎週2時間工程で、全52回のプログラムを組んでいます

●治療やカウンセリングではありません

●誤った価値観、思考をに気づき変えて行く為の教育プログラムです

●アドラー心理学に基付き、人は自ら設定した目標に向かって行動するを掲げます

●ファシリテーターが被害者の代弁をします

 

加害者プログラムの内容

 

●DV,モラハラ行動の大きな要因である

ジェンダーバイアス、「力と支配」の誤った価値観を見直す

●DV,モラハラ行動は人権侵害と言う意識を深めて行く

●DV,モラハラは自分が選んで行動した事と認識し、責任を取る事を目指します

●相手への攻撃を止め、尊重する対応を身に付ける

●被害者面談、夫婦面談、個人面談行います


これまで数多くのDV,モラハラ加害者の方と本心でぶつかり
おひとり一人の問題に向き合わさせて頂きました

一言でDV,モラハラと言えど背景は様々です

個々に愚直に取り組まさせて頂きます

ぜひお悩みを吐き出しの場として起こし下さい、
 

お待ちしております


横浜でDV加害者専門機関


フォロワーシップAの新井栄子です

 

DV,モラハラチェック表

自分の事が最優先

パートナーの楽しみ生き甲斐をけなす

誰が食わしてる!

嫉妬、束縛する

自分が正しい!は譲らない

お前が俺を怒らせる

俺を指図するな

お前が全部悪い

 

この様な言動はいずれパートナー関係を破綻へと向かいます

迷わずご連絡ください

フォロワーシップAの新井栄子です

 

 

DV、モラハラの思考

自覚してDV、モラハラ行為に走る人は皆無です

何時の頃からか、相手を全て自分の思い通り

にしたい!

この価値観考え方が頭を擡げ、親密な関係の

相手に「力を持ち支配」し続けるために繰り返し行う虐待行為を

DV又はモラハラという言葉で社会に浸透されています

 

性格の不一致という名目でパートナー関係に終止符を打つ中に
DV,モラハラが原因で
別離に至った現実は否めません

 


ある日突然、家に帰ったらもぬけの殻だった

又は離婚、別居を言い渡された

パートナーから覚悟の行動を見せつけさせられない限り

DV,モラハラ加害者は相手の苦痛、苦悩に

思いを馳せることはありません

 

この現実に直面し始めて知る喪失感、絶望感

家族がバラバラになってしまう恐怖


これは当方に来られたDV加害者の本音です

 

”こうなる前にこんな場所を知っていたら”

と一様に言葉に出されます

DV、モラハラは克服出来る問題です

 

まだ、パートナー関係は続いているが、

何となくモヤモヤしている、そうかもしれない!

DV?モラハラ? 疑問を感じられましたら
 

フォロワーシップAに御一報下さい

 

男のメンツ云々なんて後回しにして下さい

 

お待ちしております

 

横浜で「加害者更生プログラム」はDV,モラハラ克服します

 

フォロワーシップAの新井栄子です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Menu

横浜でDVモラハラ問題に特化しております

加害者と被害者両方へカウンセリングを行います

Information

新しい情報が入り次第素早く更新いたします

お客様にご活用いただける情報が多数掲載中です

Q&A

多くのお客様より寄せられた質問を掲載中です

私を虐待するのは子供の頃、親から虐待されたからですか?
一般に虐待は連鎖すると言う説もありますが,調査上では児童虐待の経験以外の要素の方が深く関係していると言う事です 子供の頃の虐待を話す事で同情新を煽ることにもつながります。虐待を受ける事の悔しさ悲しさを経験した人が女性に 虐待する事は無...
DVモラハラは治るんですか?
加害者本人の更生したいというい強い意志が前提です。 DV専門機関が行う「加害者更生プログラム」を(週1、最低1年間)をワークしていく事で かなりの確立で更生していきます
自宅が遠方の場合はどうすればいいのか?
電話相談もお受けしておりますので、お問い合わせください。   オンライン対応も致します
Access

市内でも特にアクセスがよい場所にて各種サポートを実施

会社情報

会社名

フォロワーシップA

住所

神奈川県横浜市南区永田東1-1-16 フジビル201

電話番号
090-7906-2609
営業時間

9:00 〜 終了時刻は応相談

定休日

不定休

概要

モラハラやDVを受けていて苦しい思いをしている、または愛しているはずの相手にひどいことをしてしまい罪の意識に苛まれているなど、さまざまな悩みを抱えられている方々に寄り添っております。アドラー心理学を学び、カウンセラーとして各方面で活躍している代表があらゆる方々を支えますので、どなた様も気兼ねなくご連絡ください。

About us

DVモラハラに悩まれている方々をサポート

どう考えて良い解らなくなった夫婦問題を解決したい方お越しください

「DV加害者更生支援プログラム」のファシリテーター、そしてあらゆる人間関係に特化した「心理カウンセラー」として経験を数多く積み上げ現在に至ります。今般夫婦の問題は複雑さを増し多様化してまいりました。
特にDV問題はジェンダー意識の高まりにより
混迷を極めています。このような時に苦悩を抱えられた多くの方々と向き合えるこの仕事に対し、私達はこの上ない誇りと責任を感じております。

DVといえば殴る蹴るというイメージが一般化していますが、心理的暴力モラハラ行為が最近では非常に多く、手さえ挙げなければ❓と稚拙さを感じえません。
経済的追い込み、性的強要、社会的隔離等も全てDVというカテゴリーに組されます。
をもって相手を攻撃しコントロールしていくDV行為は被害者の身も心もズタズタに切り裂き崩壊させます
私共民間企業として立ち上げさせて頂いております
「DV加害者更生支援」をもっと広く認知して頂きDV被害者がこれほどまでに苦しまなくて済む社会を支えたいと
取り組んでおります
一度お問合せだけでもいかがでしょうか

 

DV加害者更生プログラムの説明

DV加害者は
 

・精神科に行く病人でも、性格異常でもありません

・ゆえにプログラムは治療でもカウンセリングでもありません

・教育と訓練です

・誤った価値観と考え方がDV行為を引き起こす事を知る

・DV行為を辞め、してしまったDVの責任とその結果に向き合う作業です

・米国カリフォルニア州のプログラムを応用

・DV被害者の代弁者としてファシリテーターが実施します

・DV被害者救済の一環として行われます